新人で52本塁打の快挙 ヤンキース主砲ジャッジの正体

公開日:

 メジャーリーグは3日(日本時間4日)、プレーオフがスタート。田中将大(28)のヤンキースは、インディアンスとの地区シリーズ進出をかけて本拠地でツインズと対戦し、8対4で勝利した。

 ヤンキースの主砲は今季、メジャー2年目ながら52本塁打でタイトルを獲得したアーロン・ジャッジ外野手(25)だ。201センチ、128キロの体格を生かしたパワーヒッターで、ツインズ戦でも2ラン本塁打を含む4打数2安打2打点と大活躍、チームを牽引した。

 ジャッジは生後間もなく、サンフランシスコ郊外に住むジャッジ夫妻のもとへ養子に。ともに教師を務める両親に厳格に育てられたという。

「高校時代は野球で投手と一塁手、フットボールでワイドレシーバー、バスケットでポイントゲッターを務めるなどスポーツ万能でした。学校の成績も平均でBプラス、5段階評価でオール4くらいです。生徒会の役員もしていますから、スポーツだけに秀でていたわけではありません。特に時間のマネジメントはしっかりするようにしつけられたようで、テレビゲームと夜中に友達と出歩くことは禁じられていたといいます」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る