• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新人で52本塁打の快挙 ヤンキース主砲ジャッジの正体

 メジャーリーグは3日(日本時間4日)、プレーオフがスタート。田中将大(28)のヤンキースは、インディアンスとの地区シリーズ進出をかけて本拠地でツインズと対戦し、8対4で勝利した。

 ヤンキースの主砲は今季、メジャー2年目ながら52本塁打でタイトルを獲得したアーロン・ジャッジ外野手(25)だ。201センチ、128キロの体格を生かしたパワーヒッターで、ツインズ戦でも2ラン本塁打を含む4打数2安打2打点と大活躍、チームを牽引した。

 ジャッジは生後間もなく、サンフランシスコ郊外に住むジャッジ夫妻のもとへ養子に。ともに教師を務める両親に厳格に育てられたという。

「高校時代は野球で投手と一塁手、フットボールでワイドレシーバー、バスケットでポイントゲッターを務めるなどスポーツ万能でした。学校の成績も平均でBプラス、5段階評価でオール4くらいです。生徒会の役員もしていますから、スポーツだけに秀でていたわけではありません。特に時間のマネジメントはしっかりするようにしつけられたようで、テレビゲームと夜中に友達と出歩くことは禁じられていたといいます」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る