新人で52本塁打の快挙 ヤンキース主砲ジャッジの正体

公開日:

 メジャーリーグは3日(日本時間4日)、プレーオフがスタート。田中将大(28)のヤンキースは、インディアンスとの地区シリーズ進出をかけて本拠地でツインズと対戦し、8対4で勝利した。

 ヤンキースの主砲は今季、メジャー2年目ながら52本塁打でタイトルを獲得したアーロン・ジャッジ外野手(25)だ。201センチ、128キロの体格を生かしたパワーヒッターで、ツインズ戦でも2ラン本塁打を含む4打数2安打2打点と大活躍、チームを牽引した。

 ジャッジは生後間もなく、サンフランシスコ郊外に住むジャッジ夫妻のもとへ養子に。ともに教師を務める両親に厳格に育てられたという。

「高校時代は野球で投手と一塁手、フットボールでワイドレシーバー、バスケットでポイントゲッターを務めるなどスポーツ万能でした。学校の成績も平均でBプラス、5段階評価でオール4くらいです。生徒会の役員もしていますから、スポーツだけに秀でていたわけではありません。特に時間のマネジメントはしっかりするようにしつけられたようで、テレビゲームと夜中に友達と出歩くことは禁じられていたといいます」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る