新人で52本塁打の快挙 ヤンキース主砲ジャッジの正体

公開日: 更新日:

 メジャーリーグは3日(日本時間4日)、プレーオフがスタート。田中将大(28)のヤンキースは、インディアンスとの地区シリーズ進出をかけて本拠地でツインズと対戦し、8対4で勝利した。

 ヤンキースの主砲は今季、メジャー2年目ながら52本塁打でタイトルを獲得したアーロン・ジャッジ外野手(25)だ。201センチ、128キロの体格を生かしたパワーヒッターで、ツインズ戦でも2ラン本塁打を含む4打数2安打2打点と大活躍、チームを牽引した。

 ジャッジは生後間もなく、サンフランシスコ郊外に住むジャッジ夫妻のもとへ養子に。ともに教師を務める両親に厳格に育てられたという。

「高校時代は野球で投手と一塁手、フットボールでワイドレシーバー、バスケットでポイントゲッターを務めるなどスポーツ万能でした。学校の成績も平均でBプラス、5段階評価でオール4くらいです。生徒会の役員もしていますから、スポーツだけに秀でていたわけではありません。特に時間のマネジメントはしっかりするようにしつけられたようで、テレビゲームと夜中に友達と出歩くことは禁じられていたといいます」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る