• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暴行事件の“当事者”横綱白鵬 「日馬富士救済」発言の笑止

「場所後に真実を話し、膿を出し切って、日馬富士関、貴ノ岩関をこの土俵に再び上げてあげたいなと思います!」

 横綱白鵬(32)の発言に、満員御礼の館内は騒然となった。

 26日の優勝力士インタビュー。そこで白鵬は「全国の相撲ファンに力士代表として」と前置きし、日馬富士の暴行事件を謝罪。続けて冒頭のセリフを発した。

 これには協会関係者の大半は困惑することしきり。それもそのはず、白鵬だって暴行事件の現場にいた“当事者”のひとりだからだ。

 いくら正義の味方のような口ぶりで語っても、日馬富士の暴行をみすみす許したのは周囲にいた力士たち――つまり、白鵬もそのひとりだ。自身は「止めた」とは話しているものの、日馬富士は警察の事情聴取に「素手とカラオケのリモコンで殴った」と証言している。白鵬がすぐさま割って入っていれば事件の行方も異なっていただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る