暴行事件の“当事者”横綱白鵬 「日馬富士救済」発言の笑止

公開日: 更新日:

「場所後に真実を話し、膿を出し切って、日馬富士関、貴ノ岩関をこの土俵に再び上げてあげたいなと思います!」

 横綱白鵬(32)の発言に、満員御礼の館内は騒然となった。

 26日の優勝力士インタビュー。そこで白鵬は「全国の相撲ファンに力士代表として」と前置きし、日馬富士の暴行事件を謝罪。続けて冒頭のセリフを発した。

 これには協会関係者の大半は困惑することしきり。それもそのはず、白鵬だって暴行事件の現場にいた“当事者”のひとりだからだ。

 いくら正義の味方のような口ぶりで語っても、日馬富士の暴行をみすみす許したのは周囲にいた力士たち――つまり、白鵬もそのひとりだ。自身は「止めた」とは話しているものの、日馬富士は警察の事情聴取に「素手とカラオケのリモコンで殴った」と証言している。白鵬がすぐさま割って入っていれば事件の行方も異なっていただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る