• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暴行事件の“当事者”横綱白鵬 「日馬富士救済」発言の笑止

「場所後に真実を話し、膿を出し切って、日馬富士関、貴ノ岩関をこの土俵に再び上げてあげたいなと思います!」

 横綱白鵬(32)の発言に、満員御礼の館内は騒然となった。

 26日の優勝力士インタビュー。そこで白鵬は「全国の相撲ファンに力士代表として」と前置きし、日馬富士の暴行事件を謝罪。続けて冒頭のセリフを発した。

 これには協会関係者の大半は困惑することしきり。それもそのはず、白鵬だって暴行事件の現場にいた“当事者”のひとりだからだ。

 いくら正義の味方のような口ぶりで語っても、日馬富士の暴行をみすみす許したのは周囲にいた力士たち――つまり、白鵬もそのひとりだ。自身は「止めた」とは話しているものの、日馬富士は警察の事情聴取に「素手とカラオケのリモコンで殴った」と証言している。白鵬がすぐさま割って入っていれば事件の行方も異なっていただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事