貴ノ岩と面会できるか 旭鷲山来日の裏に朝青龍との“暗闘”

公開日:

「シュウは何しに日本へ?」――。横綱日馬富士(33)による貴ノ岩(27)への暴行事件に、モンゴルから来日して割って入った元小結旭鷲山(44)。25日、福岡県田川市の貴乃花部屋を訪れ貴ノ岩と面会するというが、“シュウ”を古くから知る相撲関係者は半信半疑だ。

 元旭鷲山がモンゴル人力士のパイオニアであるのは事実。21日に来日し、民放各局をハシゴして今回の騒動が母国でどう報じられているかなどについて解説してきた。そして23日午後6時、元旭鷲山のもとに貴ノ岩本人から「バトバヤル(旭鷲山の名)のお兄ちゃん、何があったか全部話します」と電話があったという。その後、元旭鷲山はフェイスブックを更新し、「日馬富士に40~50発殴られた」「片方の耳が聞こえなくなり、今も聞こえにくい」などと貴ノ岩に打ち明けられたことを明かした。

 相撲協会が所在をつかめぬまま雲隠れを続けている貴ノ岩から直接電話があっただけでもビックリだが、元旭鷲山はきょうにも貴ノ岩と面会し、今回の経緯について洗いざらい表舞台でブチまけるよう説得するという。もっとも、古くから元旭鷲山と付き合いのある相撲関係者は「見えを張ってしまってシュウは大丈夫なのか……」と案じる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る