異なる診断書の裏側 貴ノ岩は“2度暴行を受けていた”疑惑

公開日: 更新日:

 横綱日馬富士(33)による貴ノ岩(27)暴行事件。相撲協会の周辺ではいま、ある疑惑が浮上している。

 すなわち、貴ノ岩は実は2度、暴行を受けていたのではないか――というのだ。

 根拠は貴ノ岩及び、師匠の貴乃花親方(45)から提出された2通の診断書にある。

 1通目は日馬富士の暴行から4日後の10月29日、鳥取県警に被害届とともに提出されたもの。そこには「骨折もしていないし全治1週間程度」といった内容が記されていたらしい。

 ところが、その後、相撲協会に提出された2通目の診断書には「脳震とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」と書かれていた。

 のちに相撲協会の危機管理委員会がこの診断書を作成した医師に診断根拠を確認。骨折と髄液漏れはあくまでも疑いであること、相撲を取ることに支障がないこと、病院側が重傷であるかのように報道され驚いていることなどが明らかに。2通目の診断書からは暴行を少しでも大げさにしようという作為を感じざるを得ないが、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る