全30球団提出 大谷の代理人に届いた球団レポートの中身

公開日: 更新日:

 日本ハム・大谷翔平(23)のメジャー移籍が前進である。

 大リーグのオーナーによる電話会議が1日(日本時間2日)に行われ、MLB、NPB双方で合意に達していたポスティングシステムが正式に承認された。

 今後は譲渡金2000万ドル(約22億円)を支払う意思のある球団との交渉に入る。いよいよ全米が注目する二刀流の争奪戦がスタートするが、交渉解禁を前に、各球団が代理人のネズ・バレロ氏に提出した書面の内容が漏れてきた。

 バレロ氏が求めた具体的な二刀流起用プランは全30球団が提出したといわれるが、内容は球団によってマチマチ。代理人の要求通り、入団した場合の具体的な育成法や起用法を提案しただけでなく、本拠地を構える都市や住環境など、球場外の利便性も強調。入団すれば、いかにメリットがあるかを訴えた球団が大半を占めたが、中には球団を紹介するパンフレットに毛が生えた程度のものもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る