全30球団提出 大谷の代理人に届いた球団レポートの中身

公開日:

 日本ハム・大谷翔平(23)のメジャー移籍が前進である。

 大リーグのオーナーによる電話会議が1日(日本時間2日)に行われ、MLB、NPB双方で合意に達していたポスティングシステムが正式に承認された。

 今後は譲渡金2000万ドル(約22億円)を支払う意思のある球団との交渉に入る。いよいよ全米が注目する二刀流の争奪戦がスタートするが、交渉解禁を前に、各球団が代理人のネズ・バレロ氏に提出した書面の内容が漏れてきた。

 バレロ氏が求めた具体的な二刀流起用プランは全30球団が提出したといわれるが、内容は球団によってマチマチ。代理人の要求通り、入団した場合の具体的な育成法や起用法を提案しただけでなく、本拠地を構える都市や住環境など、球場外の利便性も強調。入団すれば、いかにメリットがあるかを訴えた球団が大半を占めたが、中には球団を紹介するパンフレットに毛が生えた程度のものもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る