全30球団提出 大谷の代理人に届いた球団レポートの中身

公開日: 更新日:

 日本ハム大谷翔平(23)のメジャー移籍が前進である。

 大リーグのオーナーによる電話会議が1日(日本時間2日)に行われ、MLB、NPB双方で合意に達していたポスティングシステムが正式に承認された。

 今後は譲渡金2000万ドル(約22億円)を支払う意思のある球団との交渉に入る。いよいよ全米が注目する二刀流の争奪戦がスタートするが、交渉解禁を前に、各球団が代理人のネズ・バレロ氏に提出した書面の内容が漏れてきた。

 バレロ氏が求めた具体的な二刀流起用プランは全30球団が提出したといわれるが、内容は球団によってマチマチ。代理人の要求通り、入団した場合の具体的な育成法や起用法を提案しただけでなく、本拠地を構える都市や住環境など、球場外の利便性も強調。入団すれば、いかにメリットがあるかを訴えた球団が大半を占めたが、中には球団を紹介するパンフレットに毛が生えた程度のものもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  10. 10

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

もっと見る