• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハムFA増井はオリへ 好条件提示でフラれた巨人の赤っ恥

「マネーゲーム」の結果ではなさそうだ。

 国内FA権を行使した日本ハムの増井浩俊(33)が選んだのは、オリックスだった。

 今季年俸2億2000万円をベースにした2年契約がやっとだった日ハムは“論外”として、オリックスは「3年9億円」。巨人が提示した条件は、オリックスを上回るものだったらしいが、それでもフラれたわけだ。

「巨人は交渉の段階でマシソンの残留が未定で、先発か中継ぎか増井の起用法は流動的だった。しかし、残留が決まってもそこは不確定のまま。『平野に代わる抑え』と起用法が明確だったオリックスとは対照的だった上、結果が出なければすぐに見切りをつけられる球団ですからね」(球界関係者)

 狙っていたバレンティンはヤクルトに残留、西武の牧田はメジャーを選択した。ならばと増井に札束を積もうとしたが、うまくいかなかった。オーナーが補強しろとハッパをかけながら、確定したのは、29日に巨人入りを表明した西武の野上1人。カネ以外の部分に問題があると露呈したのは、ダメージに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  6. 6

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  7. 7

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  8. 8

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  9. 9

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る