日ハムFA増井はオリへ 好条件提示でフラれた巨人の赤っ恥

公開日:  更新日:

「マネーゲーム」の結果ではなさそうだ。

 国内FA権を行使した日本ハムの増井浩俊(33)が選んだのは、オリックスだった。

 今季年俸2億2000万円をベースにした2年契約がやっとだった日ハムは“論外”として、オリックスは「3年9億円」。巨人が提示した条件は、オリックスを上回るものだったらしいが、それでもフラれたわけだ。

「巨人は交渉の段階でマシソンの残留が未定で、先発か中継ぎか増井の起用法は流動的だった。しかし、残留が決まってもそこは不確定のまま。『平野に代わる抑え』と起用法が明確だったオリックスとは対照的だった上、結果が出なければすぐに見切りをつけられる球団ですからね」(球界関係者)

 狙っていたバレンティンはヤクルトに残留、西武の牧田はメジャーを選択した。ならばと増井に札束を積もうとしたが、うまくいかなかった。オーナーが補強しろとハッパをかけながら、確定したのは、29日に巨人入りを表明した西武の野上1人。カネ以外の部分に問題があると露呈したのは、ダメージに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る