米国30球団に質問状 大谷争奪戦“書類選考落ち”はどこだ

公開日: 更新日:

 入札制度によるメジャー挑戦を表明した日本ハム大谷翔平(23)の代理人であるネズ・バレロ氏が先日、メジャー全30球団に質問状を送付したことが米国内で反響を呼んでいる。

 質問事項は「投手、打者としての評価」「育成やメディカル、トレーニング部門の説明」「メジャー、マイナーの施設」に加え、「詳細な起用法」など7項目。できる限り早めに回答してほしいと要望しているというから、交渉解禁前(最短で12月2日=日本時間)に、いわゆる「書類選考」を行う腹積もりなのだろう。

 大谷はメジャーで「即戦力投手」として高く評価されている。いくら本人が二刀流に挑戦したいといっても、ナショナルズのリゾGMが「入団当初は二刀流を認め、チャレンジを後押ししても、多くの球団がタイムリミットを3年に設定するだろう」と話しているように、実現まで長い目で見てくれる球団はそう多くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る