米国30球団に質問状 大谷争奪戦“書類選考落ち”はどこだ

公開日:

 入札制度によるメジャー挑戦を表明した日本ハムの大谷翔平(23)の代理人であるネズ・バレロ氏が先日、メジャー全30球団に質問状を送付したことが米国内で反響を呼んでいる。

 質問事項は「投手、打者としての評価」「育成やメディカル、トレーニング部門の説明」「メジャー、マイナーの施設」に加え、「詳細な起用法」など7項目。できる限り早めに回答してほしいと要望しているというから、交渉解禁前(最短で12月2日=日本時間)に、いわゆる「書類選考」を行う腹積もりなのだろう。

 大谷はメジャーで「即戦力投手」として高く評価されている。いくら本人が二刀流に挑戦したいといっても、ナショナルズのリゾGMが「入団当初は二刀流を認め、チャレンジを後押ししても、多くの球団がタイムリミットを3年に設定するだろう」と話しているように、実現まで長い目で見てくれる球団はそう多くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る