• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移籍先に急浮上 レッズが大谷獲得に“自信たっぷり”の根拠

 メジャー30球団が獲得に手を挙げるといわれる二刀流の移籍先にナ・リーグ中地区の古豪球団が急浮上である。

 今オフ、ポスティングシステムでメジャー移籍を目指す日本ハム・大谷翔平(23)の獲得に、来季で球団創設137年目を迎えるシンシナティ・レッズが自信を見せているというのだ。

 ディック・ウィリアムズGMは9月に来日、大谷が本拠地・札幌ドームで最終登板した10月4日のオリックス戦を視察した。同GMは力量だけでなく、大谷の年俸、家族構成まで調べるなど、独自の調査を展開してきたそうだ。

 これまで積極的に外国人選手を獲得してきたレッズが今オフ、大谷に使える契約金は30万ドル(約3300万円)。30球団中トップのレンジャーズ(353万5000ドル=約3億9000万円)、ヤンキース(325万ドル=約3億6000万円)の足元にも及ばない。シンシナティのインターネット・ニュースサイト「シンシナティ・コム」(28日付)によれば、ウィリアムズGMは「(大谷が)球団を選択する上で重視しているのはカネではないと聞いている」と自信たっぷりに話しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事