移籍先に急浮上 レッズが大谷獲得に“自信たっぷり”の根拠

公開日: 更新日:

 メジャー30球団が獲得に手を挙げるといわれる二刀流の移籍先にナ・リーグ中地区の古豪球団が急浮上である。

 今オフ、ポスティングシステムでメジャー移籍を目指す日本ハム大谷翔平(23)の獲得に、来季で球団創設137年目を迎えるシンシナティ・レッズが自信を見せているというのだ。

 ディック・ウィリアムズGMは9月に来日、大谷が本拠地・札幌ドームで最終登板した10月4日のオリックス戦を視察した。同GMは力量だけでなく、大谷の年俸、家族構成まで調べるなど、独自の調査を展開してきたそうだ。

 これまで積極的に外国人選手を獲得してきたレッズが今オフ、大谷に使える契約金は30万ドル(約3300万円)。30球団中トップのレンジャーズ(353万5000ドル=約3億9000万円)、ヤンキース(325万ドル=約3億6000万円)の足元にも及ばない。シンシナティのインターネット・ニュースサイト「シンシナティ・コム」(28日付)によれば、ウィリアムズGMは「(大谷が)球団を選択する上で重視しているのはカネではないと聞いている」と自信たっぷりに話しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る