資金は潤沢も…レンジャーズの大谷獲りに酷暑のハンディ

公開日: 更新日:

 今オフ、ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指す日本ハム大谷翔平(23)の周囲が騒がしくなってきた。

 レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは28日(日本時間29日)、大谷の代理人を務めるネズ・バレロ氏に具体的な二刀流プランなど10項目を記した書面を提出したと明かした。球団公式サイトによれば、同GMは「何年も取り組んできた課題。自信はある」と書面の内容に手応えを口にしたという。

 レンジャーズはドラフト対象外の25歳未満の外国人選手に使える契約金の枠が30球団最多の353万ドル(約4億円)。条件面でリードするが、その一方でハンディも抱えている。

 本拠地のあるテキサス州アーリントン市の酷暑だ。同市は5月以降、最高気温が40度以上を記録するのは珍しくなく、夏場のデーゲームではグラウンドでの体感温度が50度近くに達することもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  9. 9

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  10. 10

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

もっと見る