• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

資金は潤沢も…レンジャーズの大谷獲りに酷暑のハンディ

 今オフ、ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指す日本ハム・大谷翔平(23)の周囲が騒がしくなってきた。

 レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは28日(日本時間29日)、大谷の代理人を務めるネズ・バレロ氏に具体的な二刀流プランなど10項目を記した書面を提出したと明かした。球団公式サイトによれば、同GMは「何年も取り組んできた課題。自信はある」と書面の内容に手応えを口にしたという。

 レンジャーズはドラフト対象外の25歳未満の外国人選手に使える契約金の枠が30球団最多の353万ドル(約4億円)。条件面でリードするが、その一方でハンディも抱えている。

 本拠地のあるテキサス州アーリントン市の酷暑だ。同市は5月以降、最高気温が40度以上を記録するのは珍しくなく、夏場のデーゲームではグラウンドでの体感温度が50度近くに達することもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事