GM以上の権力者 大谷の“二刀流”成功はソーシア監督次第

公開日:

「メジャーリーグのスタートラインに立てて、本当に感謝している。ここが始まり。ここから先の方が大事だと思う」

 9日(日本時間10日)、米カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで入団会見に臨んだ大谷翔平(23)はこう言った。

 エンゼルスはア・リーグ西地区に所属。2002年にワールドシリーズを初制覇したものの、10年以降、プレーオフに駒を進めたのは14年の1度だけ。今季は地区2位ながら80勝82敗と負け越し、地区首位でワールドシリーズを制したアストロズに21ゲームもの大差を付けられた。

 投打とも再建中のチームだけに、チャンスがあるのは間違いない。エプラーGMによれば、野手としてはDHで起用、これまでDHだったメジャー通算614本塁打のプホルス(37)には一塁を守らせる構想とか。投手としては先発を5人から6人に増やし、大谷を先発ローテの一角に加えるプランだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る