GM以上の権力者 大谷の“二刀流”成功はソーシア監督次第

公開日:

「メジャーリーグのスタートラインに立てて、本当に感謝している。ここが始まり。ここから先の方が大事だと思う」

 9日(日本時間10日)、米カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで入団会見に臨んだ大谷翔平(23)はこう言った。

 エンゼルスはア・リーグ西地区に所属。2002年にワールドシリーズを初制覇したものの、10年以降、プレーオフに駒を進めたのは14年の1度だけ。今季は地区2位ながら80勝82敗と負け越し、地区首位でワールドシリーズを制したアストロズに21ゲームもの大差を付けられた。

 投打とも再建中のチームだけに、チャンスがあるのは間違いない。エプラーGMによれば、野手としてはDHで起用、これまでDHだったメジャー通算614本塁打のプホルス(37)には一塁を守らせる構想とか。投手としては先発を5人から6人に増やし、大谷を先発ローテの一角に加えるプランだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る