巨人・菅野 年俸倍増4.5億円で浮上するポスティング議論

公開日:  更新日:

 巨人のエースが大幅アップを勝ち取った。菅野智之(28)が28日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、ほぼ倍増となる2億2000万円増の年俸4億5000万円でサイン。オリックスの金子千尋(34)の5億円に次ぐ球界日本人投手2位に躍り出た。

「すごい長いシーズンだった」と言うように、3月のWBCでは日本代表のエースとして活躍。シーズンでは25試合に登板し、3試合連続完封など17勝5敗、防御率1.59。自身初の沢村賞、最多勝、2年連続の最優秀防御率、ゴールデングラブ賞、14年以来となるベストナインなど、タイトルを総ナメする勢いの一年を終え、「最大級の評価をしてもらった。身が引き締まる思い。引き続き来年も頼むと期待の言葉をかけてもらった。使い道?家のローンを払いたい」と白い歯を見せた。

 驚異のアップ率だ。来季はプロ6年目。これまで6年目の最高だったソフトバンク摂津の4億円を上回った。球団史上最高は松井秀喜の6億1000万円(2002年=10年目)。順当ならあと2、3年、早ければ選手会長に就任する来季にも、この金額を超える可能性が出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る