• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキースも蹴飛ばした 大谷翔平の心意気と争奪戦の内幕

 メジャーリーガー、あるいはメジャーリーグを目指す選手にとって、ヤンキースとレッドソックスはある意味、特別なチームだという。

 生き馬の目を抜くニューヨークで、ベーブ・ルースも着たピンストライプのユニホームに袖を通し、大歓声を背にプレーする。メジャーリーグの頂点をヤンキースとするなら、そのヤンキースと同地区で宿敵、ライバル関係にあるのがレッドソックス。髪形やひげに始まって帽子のかぶり方にいたるまで規律のあるヤンキースに対し、レッドソックスは自由奔放、反体制を象徴するかのようなチームだ。

 そんなメジャーを代表する人気も実力も備えた老舗名門球団を、面談以前の段階で蹴飛ばしたのが今回、ポスティングシステムでメジャー挑戦する大谷。獲得に自信満々だったヤンキースのキャッシュマンGMは、大谷の希望が西海岸か小規模都市の球団にあるとこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る