ヤンキースも蹴飛ばした 大谷翔平の心意気と争奪戦の内幕

公開日: 更新日:

 メジャーリーガー、あるいはメジャーリーグを目指す選手にとって、ヤンキースとレッドソックスはある意味、特別なチームだという。

 生き馬の目を抜くニューヨークで、ベーブ・ルースも着たピンストライプのユニホームに袖を通し、大歓声を背にプレーする。メジャーリーグの頂点をヤンキースとするなら、そのヤンキースと同地区で宿敵、ライバル関係にあるのがレッドソックス。髪形やひげに始まって帽子のかぶり方にいたるまで規律のあるヤンキースに対し、レッドソックスは自由奔放、反体制を象徴するかのようなチームだ。

 そんなメジャーを代表する人気も実力も備えた老舗名門球団を、面談以前の段階で蹴飛ばしたのが今回、ポスティングシステムでメジャー挑戦する大谷。獲得に自信満々だったヤンキースのキャッシュマンGMは、大谷の希望が西海岸か小規模都市の球団にあるとこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る