ヤンキースも蹴飛ばした 大谷翔平の心意気と争奪戦の内幕

公開日:

 メジャーリーガー、あるいはメジャーリーグを目指す選手にとって、ヤンキースとレッドソックスはある意味、特別なチームだという。

 生き馬の目を抜くニューヨークで、ベーブ・ルースも着たピンストライプのユニホームに袖を通し、大歓声を背にプレーする。メジャーリーグの頂点をヤンキースとするなら、そのヤンキースと同地区で宿敵、ライバル関係にあるのがレッドソックス。髪形やひげに始まって帽子のかぶり方にいたるまで規律のあるヤンキースに対し、レッドソックスは自由奔放、反体制を象徴するかのようなチームだ。

 そんなメジャーを代表する人気も実力も備えた老舗名門球団を、面談以前の段階で蹴飛ばしたのが今回、ポスティングシステムでメジャー挑戦する大谷。獲得に自信満々だったヤンキースのキャッシュマンGMは、大谷の希望が西海岸か小規模都市の球団にあるとこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る