移動は最も過酷 それでも大谷が「西海岸」にこだわる理由

公開日: 更新日:

 最終候補に残った7球団による二刀流詣でが終わった。

 ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指す日本ハム大谷翔平(23)は5日(日本時間6日)、ロサンゼルス市内の代理人事務所でパドレスと交渉。地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」によれば、A・J・プレラーGM、ローガン・ホワイト上級相談役兼プロスカウト部長らフロントのほか、元日本ハムのアンディ・グリーン監督、野茂英雄アドバイザーらが同席したという。

 これで全7球団との交渉が終了。今後は2球団程度に絞り、本拠地やキャンプ地の施設を見学した後、最終的に移籍先を決めるようだ。

 書類選考で漏れたヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが明かしたところによれば、大谷は移籍先に「西海岸か中小規模の都市」を希望。大都市に本拠地を置くヤンキース(ニューヨーク)、レッドソックス(ボストン)など、ファンやマスコミが熱狂的な球団では二刀流を貫ける保証がない。チームは常勝を義務付けられているだけに、何より結果を求められ、辛抱強く使ってもらえるとも思えない。「まだ足りない部分が多い」と自覚する大谷が大都市の人気球団を敬遠するのは当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る