• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移動は最も過酷 それでも大谷が「西海岸」にこだわる理由

投稿日:  更新日:

 最終候補に残った7球団による二刀流詣でが終わった。

 ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指す日本ハム・大谷翔平(23)は5日(日本時間6日)、ロサンゼルス市内の代理人事務所でパドレスと交渉。地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」によれば、A・J・プレラーGM、ローガン・ホワイト上級相談役兼プロスカウト部長らフロントのほか、元日本ハムのアンディ・グリーン監督、野茂英雄アドバイザーらが同席したという。

 これで全7球団との交渉が終了。今後は2球団程度に絞り、本拠地やキャンプ地の施設を見学した後、最終的に移籍先を決めるようだ。

 書類選考で漏れたヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが明かしたところによれば、大谷は移籍先に「西海岸か中小規模の都市」を希望。大都市に本拠地を置くヤンキース(ニューヨーク)、レッドソックス(ボストン)など、ファンやマスコミが熱狂的な球団では二刀流を貫ける保証がない。チームは常勝を義務付けられているだけに、何より結果を求められ、辛抱強く使ってもらえるとも思えない。「まだ足りない部分が多い」と自覚する大谷が大都市の人気球団を敬遠するのは当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る