マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ウエッジは同ロフトでもヘッド形状の違いで飛距離が変わる

公開日: 更新日:
イラスト・ゲーリー久永

 昔と違って、今どきのアイアンセットは5番からピッチングウエッジ(PW)までの6本組になっています。

 アプローチウエッジ(AW)やサンドウエッジ(SW)はセットに入っていないので、別に購入するのが当たり前になりました。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  6. 6

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

もっと見る