• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB内川が4億円更改 5000万円増は後輩育成の貢献分

 ソフトバンクの内川聖一(35)が18日の契約更改で、5000万円増となる年俸4億円プラス出来高でサイン。新たに2年契約を結んだ。

「(来年で)36歳。複数年は感謝しかない。頑張らないと」

 ケガに泣かされた今季は、移籍7年目で最少となる73試合の出場にとどまった。それでも、5000万円ものアップを提示されたのは、数字以上の貢献度があるから。チーム内では、「将来の監督、コーチのイスも約束されたようなもの」という声もあるほどだ。

「面倒見がよく、独自の理論を分かりやすく伝える術にたけている。2016年に自主トレで指導した広島の鈴木誠也がその年、打率・335、29本塁打、95打点と大ブレーク。今年は同じく自主トレで面倒を見ているチームの後輩の上林が独り立ち。その指導力を認める達川ヘッドコーチの後押しもあって、今オフはチーム期待の高卒2年目19歳の茶谷健太が弟子入りすることになった」(球団OB)

 これで茶谷も飛躍のきっかけをつかめば、5000万円増も安いものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る