• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB内川が4億円更改 5000万円増は後輩育成の貢献分

 ソフトバンクの内川聖一(35)が18日の契約更改で、5000万円増となる年俸4億円プラス出来高でサイン。新たに2年契約を結んだ。

「(来年で)36歳。複数年は感謝しかない。頑張らないと」

 ケガに泣かされた今季は、移籍7年目で最少となる73試合の出場にとどまった。それでも、5000万円ものアップを提示されたのは、数字以上の貢献度があるから。チーム内では、「将来の監督、コーチのイスも約束されたようなもの」という声もあるほどだ。

「面倒見がよく、独自の理論を分かりやすく伝える術にたけている。2016年に自主トレで指導した広島の鈴木誠也がその年、打率・335、29本塁打、95打点と大ブレーク。今年は同じく自主トレで面倒を見ているチームの後輩の上林が独り立ち。その指導力を認める達川ヘッドコーチの後押しもあって、今オフはチーム期待の高卒2年目19歳の茶谷健太が弟子入りすることになった」(球団OB)

 これで茶谷も飛躍のきっかけをつかめば、5000万円増も安いものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る