ソフトB内川が4億円更改 5000万円増は後輩育成の貢献分

公開日:

 ソフトバンクの内川聖一(35)が18日の契約更改で、5000万円増となる年俸4億円プラス出来高でサイン。新たに2年契約を結んだ。

「(来年で)36歳。複数年は感謝しかない。頑張らないと」

 ケガに泣かされた今季は、移籍7年目で最少となる73試合の出場にとどまった。それでも、5000万円ものアップを提示されたのは、数字以上の貢献度があるから。チーム内では、「将来の監督、コーチのイスも約束されたようなもの」という声もあるほどだ。

「面倒見がよく、独自の理論を分かりやすく伝える術にたけている。2016年に自主トレで指導した広島の鈴木誠也がその年、打率・335、29本塁打、95打点と大ブレーク。今年は同じく自主トレで面倒を見ているチームの後輩の上林が独り立ち。その指導力を認める達川ヘッドコーチの後押しもあって、今オフはチーム期待の高卒2年目19歳の茶谷健太が弟子入りすることになった」(球団OB)

 これで茶谷も飛躍のきっかけをつかめば、5000万円増も安いものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る