秀岳館・鍛治舎前監督は公立校でも「名将」になれるか?

公開日:

 そのやり方には批判も多かった。

 来夏の甲子園記念大会出場を目指し、母校の県岐阜商野球部監督に就任すると報じられた鍛治舎巧氏(66)。

 25日、日刊ゲンダイの取材に「学校、OB会の総意として監督をお願いしたい、とお話を受けた」と認めた名将は、早大卒業後に選手、指導者として社会人野球で活躍。

 2014年に「パナソニック専務」の肩書を捨てて熊本・秀岳館の野球部監督に転じるや、瞬く間に全国有数の強豪校に育て上げた。

 しかし、監督として初の甲子園出場となった16年センバツは、ベンチ入りメンバー18人のうち、熊本出身選手はゼロ。ベスト4入りする快進撃を演じたものの、地元には冷ややかな視線も少なくなかった。

「今夏を含めた計4度の甲子園出場で、熊本出身選手は1人だけ。指導力、戦術に長けているのは確かでも、それも全国から有望選手をかき集めた戦力があってこそ。甲子園4強入り3度の実績を残しながら、そんな批判がついて回った。自身が監督を務めた中学硬式野球の強豪、大阪の『オール枚方ボーイズ』の選手をごっそり熊本に野球留学させた強化策は、私立だからこそ可能だったのであって、今度は公立校。スカウトには限界がある。有望選手を岐阜に引っ越しさせるなんてことまでやるのか、どう野球部を強化するのか見ものだね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る