• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

秀岳館・鍛治舎前監督は公立校でも「名将」になれるか?

 そのやり方には批判も多かった。

 来夏の甲子園記念大会出場を目指し、母校の県岐阜商野球部監督に就任すると報じられた鍛治舎巧氏(66)。

 25日、日刊ゲンダイの取材に「学校、OB会の総意として監督をお願いしたい、とお話を受けた」と認めた名将は、早大卒業後に選手、指導者として社会人野球で活躍。

 2014年に「パナソニック専務」の肩書を捨てて熊本・秀岳館の野球部監督に転じるや、瞬く間に全国有数の強豪校に育て上げた。

 しかし、監督として初の甲子園出場となった16年センバツは、ベンチ入りメンバー18人のうち、熊本出身選手はゼロ。ベスト4入りする快進撃を演じたものの、地元には冷ややかな視線も少なくなかった。

「今夏を含めた計4度の甲子園出場で、熊本出身選手は1人だけ。指導力、戦術に長けているのは確かでも、それも全国から有望選手をかき集めた戦力があってこそ。甲子園4強入り3度の実績を残しながら、そんな批判がついて回った。自身が監督を務めた中学硬式野球の強豪、大阪の『オール枚方ボーイズ』の選手をごっそり熊本に野球留学させた強化策は、私立だからこそ可能だったのであって、今度は公立校。スカウトには限界がある。有望選手を岐阜に引っ越しさせるなんてことまでやるのか、どう野球部を強化するのか見ものだね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  8. 8

    フィギュアスケート日野龍樹さんの好物は目玉焼きのせご飯

  9. 9

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る