• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム清宮初打席は西武雄星が濃厚 評論家2氏が勝負予想

 2018年3月30日金曜日。開幕戦を迎えた札幌ドームは超満員の観衆で膨れ上がった。前日に栗山監督がゴールデンルーキーの清宮幸太郎(早実)の「7番・一塁」での開幕スタメンを公表。三回、その清宮が注目のプロ初打席を迎えると、アーチを期待するファンから大歓声が巻き起こった――。

 18年の清宮にはおそらく、こんなシナリオが待っている。すでにキャンプの一軍帯同が内定。オープン戦も順調に乗り切れば、栗山監督は開幕スタメンで起用するプランを持っている。しかし、そこには大きな壁が立ち塞がる。

 菊池雄星である。

 対戦相手の西武は、この左腕が3年連続で開幕投手に指名されることが確実。17年シーズン、自己最多の16勝(6敗)を挙げ、防御率は1.97。最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得し、屈指の投手に成長した。最速158キロの直球と切れ味鋭いスライダーを武器に、オフにはポスティングによるメジャー挑戦を視野に入れる。ヤル気満々で開幕を迎えるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る