日ハム清宮初打席は西武雄星が濃厚 評論家2氏が勝負予想

公開日:

 2018年3月30日金曜日。開幕戦を迎えた札幌ドームは超満員の観衆で膨れ上がった。前日に栗山監督がゴールデンルーキーの清宮幸太郎(早実)の「7番・一塁」での開幕スタメンを公表。三回、その清宮が注目のプロ初打席を迎えると、アーチを期待するファンから大歓声が巻き起こった――。

 18年の清宮にはおそらく、こんなシナリオが待っている。すでにキャンプの一軍帯同が内定。オープン戦も順調に乗り切れば、栗山監督は開幕スタメンで起用するプランを持っている。しかし、そこには大きな壁が立ち塞がる。

 菊池雄星である。

 対戦相手の西武は、この左腕が3年連続で開幕投手に指名されることが確実。17年シーズン、自己最多の16勝(6敗)を挙げ、防御率は1.97。最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得し、屈指の投手に成長した。最速158キロの直球と切れ味鋭いスライダーを武器に、オフにはポスティングによるメジャー挑戦を視野に入れる。ヤル気満々で開幕を迎えるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る