日ハム清宮初打席は西武雄星が濃厚 評論家2氏が勝負予想

公開日:

 2018年3月30日金曜日。開幕戦を迎えた札幌ドームは超満員の観衆で膨れ上がった。前日に栗山監督がゴールデンルーキーの清宮幸太郎(早実)の「7番・一塁」での開幕スタメンを公表。三回、その清宮が注目のプロ初打席を迎えると、アーチを期待するファンから大歓声が巻き起こった――。

 18年の清宮にはおそらく、こんなシナリオが待っている。すでにキャンプの一軍帯同が内定。オープン戦も順調に乗り切れば、栗山監督は開幕スタメンで起用するプランを持っている。しかし、そこには大きな壁が立ち塞がる。

 菊池雄星である。

 対戦相手の西武は、この左腕が3年連続で開幕投手に指名されることが確実。17年シーズン、自己最多の16勝(6敗)を挙げ、防御率は1.97。最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得し、屈指の投手に成長した。最速158キロの直球と切れ味鋭いスライダーを武器に、オフにはポスティングによるメジャー挑戦を視野に入れる。ヤル気満々で開幕を迎えるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る