休日は元旦のみ 大谷は体もアタマもすでに“メジャー仕様”

公開日:  更新日:

「キャンプからが勝負だと思っている。(ポジションを)勝ち取りにいく立場。1年目なので、そこも含めてキャンプでいいものを出していきたい」

 エンゼルスの大谷翔平(23)が5日、日本ハムの二軍施設で自主トレを公開。間近に迫ったメジャー挑戦に向けて、意気込みを語った。

 この日はまず、ダッシュで汗を流すと、室内練習場に移動。キャッチボールのあとはグラブをバットに持ち替えて、ミート中心のティー打撃とマシン打撃を行った。

「(昨年10月に手術を行った右足首は)昨年よりも状態はいい。(2月中旬からの)キャンプは100%でいけると思う」

 とは本人だ。

 大谷によれば、年始は2日から練習を再開した。年末は実家のある岩手に帰省、母校の花巻東高を訪れ、恩師の佐々木監督に挨拶をするなど、「ゆっくりできた」と言っていたが、トレーニングはしっかりやっていたようだ。元日に母方の実家がある横浜へ移動、以前から通う神社で初詣をしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る