ダル 7月レンジャーズ放出の背景に「首脳陣との確執」か

公開日:

「何しろブルペンでの投球練習中から、ダルと投手コーチとの間には不穏な空気が漂っていましたからね」

 西海岸の代理人関係者がこう言った。

 今年7月にレンジャーズからドジャースに移籍したダルビッシュ有(31=写真)。チームは早々とポストシーズン進出の望みが絶たれ、今季限りで契約が切れるダルのトレードに踏み切った。来季以降を見据え、主力を放出して若手有望株を獲得するケースは珍しくないとはいえ、ダルの場合は上司との関係も引き金になったという。

 複数の関係者の話を総合すると、ダグ・ブロケイル投手コーチとの間に確執があったというのだ。

 ダルは同じトミー・ジョン手術を2度も受けたブロケイル投手コーチのサポートを受けて復活を果たした。同コーチは球数や球種を綿密に管理してきたが、これにダルが猛反発。調整法を巡って意見が対立したといわれる。6月あたりから、2人が練習中に口論するシーンが度々、報道陣に目撃されている。

 エースに気分よくマウンドに上がらせるのも投手コーチの務め。最終的にあまりに自己主張が強過ぎるダルにブロケイル・コーチはさじを投げたとみられる。ダルはバニスター監督とも折り合いが悪かったそうで、放出は厄介払いだったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る