理論が先行…復活期す阪神・藤浪に足りない基本の「き」

公開日:

 昨季、プロ最少の3勝に終わった阪神の藤浪晋太郎(23)が4日、母校の大阪桐蔭で自主トレを公開。「しっかりとやらないといけない。今年はいい成績を残したい」と力を込めた。

 不振から脱却したいという気持ちは確かに伝わってくる。昨年12月には単身で上京し、動作解析や目のトレーニングなどの専門家を訪ね、貪欲に知識を吸収。さらに近日中にも、一昨年12月に弟子入りしたダルビッシュがいる米国で一緒に自主トレを行うそうで、「いろいろ勉強したい」と目を輝かせていたが、これで本当に復活を果たせるのか。

 この正月、スポニチ紙上で金本監督と元中日監督の落合博満氏が対談。落合氏は藤浪の不振について「あれはランニング不足。下半身が弱いと思う」と指摘。「投げ方を忘れさせるほど走らせないとダメだと思う」と語っていた。

 阪神OBの評論家・福間納氏は、「藤浪に向上心があるのはよく分かるが、それ以前にやるべきことがあるのではないか」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る