27球団が動いた二刀流 エンゼルス大谷翔平を“丸裸”にする

公開日:

 このオフ、メジャーの移籍市場を最も賑わせたのは、計27球団が獲得に乗り出し、最終的にエンゼルスを選んだ大谷翔平(23)だ。エ軍のエプラーGMは先発とDHでの起用を明言しており、投打の二刀流選手がメジャーでどれくらいやれるか、米国でも話題になっている。旬の男を裸にする――。

■両親

 身長193センチ、体重97キロという大谷の日本人離れした恵まれた体格は、両親から譲り受けた。

 父・徹さん(55)の身長は182センチ。強肩の外野手として社会人野球でプレーした。中学時代はエース兼4番打者。地元・北上市内の県立黒沢尻工業高校に進学し、甲子園を目指した。1年時に岩手県大会決勝まで進んだものの、2、3年時は初戦敗退。卒業後に進んだ三菱重工横浜では1年目に自慢の肩を壊してしまい、24歳で社会人野球を引退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る