巨人杉内“最後の仕事”は清宮倒した2年目大江のコーチ役

公開日: 更新日:

 新人だった昨季は二軍で4勝3敗、防御率2.30。「強化指定選手」として6月から二軍の先発ローテーションに抜擢された有望株である。

「大江にとって杉内は、子供の頃から憧れの存在。新人だった昨年は、ジャイアンツ球場で杉内を見つけては、リリース時の極意などを聞きに行ったそうです。並の高卒新人なら、杉内に質問なんてできませんよ。今回の自主トレも大江が直訴して実現した。積極的というか今どき珍しい若者で、杉内もそんな後輩を『いいものを持っている』と言ってかわいがっています」(チーム関係者)

 巨人投手陣は、昨季14勝のマイコラスが退団し、斎藤投手総合コーチは「穴は埋まらないと思っている」と危機感を募らせる。先発ローテが当確している左投手は田口のみ。内海、山口鉄に陰りが見え始め、左腕不足というチーム事情もある。

 数々の修羅場をくぐってきた経験とその投球術を大江に伝授し、今すぐにでも使えるよう「教育」することが、杉内に求められている。それが、巨人での最後の仕事になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  9. 9

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る