今年もV逸なら…巨人由伸監督にささやかれる“二軍異動説”

公開日:

 巨人・高橋由伸監督(42)の進退をかけた2018年が始まった。今年が3年契約最終年。昨年はBクラス4位に沈んだ。

 このオフ、投手は西武からFAで野上、打者は中日で本塁打王を獲得したゲレーロを補強。しかし、14勝を挙げたエース格のマイコラスがメジャーへ流出するなど、戦力的には今年も苦戦が必至な情勢だ。

 昨年は惨敗だったにもかかわらず、コーチ陣はほぼ無傷。これは指揮官たっての希望だった。それだけに、今年もV逸なら「内閣総辞職」は免れない。まだ若い指揮官といえども「契約満了でお役御免」が濃厚だ。

 読売関係者がこう言う。

「また惨敗なら監督交代は避けられない。ただ、現役を続ける気だった指導者経験ほぼゼロの由伸に、2年前に半ば無理やり重荷を背負わせた球団に負い目がないわけではない。3年契約満了といっても、ダメだからほっぽり出した印象で、ファンにはクビのように見えてしまいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る