筒香も成長 日ハム清宮は左翼挑戦がレギュラーへの試金石

公開日:

 早速、大きな転機を迎えそうだ。

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎(18=早実)は9日から新人合同自主トレがスタート。栗山監督の方針で今後は本職である一塁以外の複数ポジションの練習に取り組むことになる。

 これは、清宮の将来の夢にも直結している。一塁と指名打者しかできない日本人選手は、パワーに勝るメジャーへ挑戦すること自体、難しくなるからだ。

 とはいえ、清宮は高校時代、ほぼ一塁しか守っていない。新ポジションをこなせるくらいのレベルに到達するには、ある程度の時間を要するだろう。しかも、決して足が速いわけでも肩が強いわけでもない。栗山監督は「捕手もやらせる」と言ってはいるものの、現実問題として守備の要であるセンターライン(捕手、二塁、遊撃、中堅)のポジションに挑戦することは難しいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る