足と肩に課題とスカウト指摘 日ハム清宮「三塁挑戦」の壁

公開日: 更新日:

 ハードルは高そうだ。

 新人合同自主トレ第2クール初日(12日)。清宮幸太郎(18=早実)が今後チャレンジする予定の三塁守備について言及した。

「やっぱり高校のときも、(1年後輩の)野村だったり、苦しんでいた印象がある。大事なポジションですし、ミスから得点されたことも覚えている。任されたら全力でやりたい。やるべきことはたくさんあると思っている」

 栗山監督は、一塁が本職の清宮に、三塁、外野守備に挑戦させる意向を持っている。この日の練習では内野手用のグラブで軽めのノックを受けたが、自主トレ期間中はあくまでプロの練習法を学ぶだけ。本格的な挑戦はキャンプが始まってからになる。

 とはいえ、清宮自身が言うように、三塁守備においてはクリアしなければならない課題はたくさんある。高校時代の清宮をチェックしていたセ球団のスカウトがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  8. 8

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  9. 9

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  10. 10

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

もっと見る