• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

足と肩に課題とスカウト指摘 日ハム清宮「三塁挑戦」の壁

 ハードルは高そうだ。

 新人合同自主トレ第2クール初日(12日)。清宮幸太郎(18=早実)が今後チャレンジする予定の三塁守備について言及した。

「やっぱり高校のときも、(1年後輩の)野村だったり、苦しんでいた印象がある。大事なポジションですし、ミスから得点されたことも覚えている。任されたら全力でやりたい。やるべきことはたくさんあると思っている」

 栗山監督は、一塁が本職の清宮に、三塁、外野守備に挑戦させる意向を持っている。この日の練習では内野手用のグラブで軽めのノックを受けたが、自主トレ期間中はあくまでプロの練習法を学ぶだけ。本格的な挑戦はキャンプが始まってからになる。

 とはいえ、清宮自身が言うように、三塁守備においてはクリアしなければならない課題はたくさんある。高校時代の清宮をチェックしていたセ球団のスカウトがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る