マルチ守備より長打力を 清宮「メジャー行き」の必要条件

公開日:

「実はそんなに足は遅くないです。あと、野手からの送球はどんな球でもカバーできます」

 日本ハムにドラフト1位で入団した清宮幸太郎(18=早実)の「自己査定」だ。持ち味を聞かれて、打撃ではなく、守備、走塁を挙げた。打力への期待が高い半面、ドタバタした動きから、守備、走塁がクローズアップされたことを意識したのだろう。

 栗山監督は早実時代に守っていた一塁の他に、三塁や外野にも挑戦させるという。今オフ、海を渡った大谷翔平(23)同様、複数のポジションを守ることは、将来メジャーを目指すにあたってプラスに働くとソロバンをはじいている。大谷は投手だけでなく、1年目の春季キャンプで遊撃に挑戦、実戦では外野も経験させた。選手としての幅を広げる狙いがあった。

■外野なら最低でも20本塁打を


 しかし、海を渡れば一塁、三塁、外野には大砲がひしめいている。DH制のないナ・リーグであれば、なおさら打力が優先される。スポーツライターの友成那智氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る