• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マルチ守備より長打力を 清宮「メジャー行き」の必要条件

「実はそんなに足は遅くないです。あと、野手からの送球はどんな球でもカバーできます」

 日本ハムにドラフト1位で入団した清宮幸太郎(18=早実)の「自己査定」だ。持ち味を聞かれて、打撃ではなく、守備、走塁を挙げた。打力への期待が高い半面、ドタバタした動きから、守備、走塁がクローズアップされたことを意識したのだろう。

 栗山監督は早実時代に守っていた一塁の他に、三塁や外野にも挑戦させるという。今オフ、海を渡った大谷翔平(23)同様、複数のポジションを守ることは、将来メジャーを目指すにあたってプラスに働くとソロバンをはじいている。大谷は投手だけでなく、1年目の春季キャンプで遊撃に挑戦、実戦では外野も経験させた。選手としての幅を広げる狙いがあった。

■外野なら最低でも20本塁打を


 しかし、海を渡れば一塁、三塁、外野には大砲がひしめいている。DH制のないナ・リーグであれば、なおさら打力が優先される。スポーツライターの友成那智氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事