• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マルチ守備より長打力を 清宮「メジャー行き」の必要条件

「実はそんなに足は遅くないです。あと、野手からの送球はどんな球でもカバーできます」

 日本ハムにドラフト1位で入団した清宮幸太郎(18=早実)の「自己査定」だ。持ち味を聞かれて、打撃ではなく、守備、走塁を挙げた。打力への期待が高い半面、ドタバタした動きから、守備、走塁がクローズアップされたことを意識したのだろう。

 栗山監督は早実時代に守っていた一塁の他に、三塁や外野にも挑戦させるという。今オフ、海を渡った大谷翔平(23)同様、複数のポジションを守ることは、将来メジャーを目指すにあたってプラスに働くとソロバンをはじいている。大谷は投手だけでなく、1年目の春季キャンプで遊撃に挑戦、実戦では外野も経験させた。選手としての幅を広げる狙いがあった。

■外野なら最低でも20本塁打を


 しかし、海を渡れば一塁、三塁、外野には大砲がひしめいている。DH制のないナ・リーグであれば、なおさら打力が優先される。スポーツライターの友成那智氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る