やくみつる氏も指摘…貴乃花親方は「虚言癖」の持ち主か

公開日:  更新日:

「よくもまあ、イケシャーシャーと、これだけ自分に都合の良いウソばかり、並べ立てられるもんだな」

 ある親方がこう言っている。日馬富士暴行事件の対処から理事を解任された貴乃花親方(45)に関してだ。

 大相撲1月場所3日目は、稀勢の里が逸ノ城に一方的に寄り切られて2敗目を喫したかと思えば、白鵬は北勝富士に押し出されて初黒星。横綱3人のうち2人が敗れる波乱の土俵だったが、土俵外で親方連中がアキレているのは貴乃花親方の言動だ。

 中でも12月28日の理事会で貴乃花親方が配布した文書に端を発する事実誤認、ウソはヒドい。

 一部夕刊紙や週刊誌は理事解任が決定した4日の評議員会では、くだんの文書が問題になったと報じている。貴乃花一門の大嶽親方が「文書には貴乃花親方が執行部に『マスコミがたくさんいて貴ノ岩が部屋から出ることが出来ない。なので診断書も出せない』と説明して了承を得たと書かれているが事実か?」と質問。それに対して八角理事長が「そんなことあるわけがないだろう! マスコミが邪魔なら救急車でも呼べばいいじゃないか!」と声を荒らげ、ひるんだ大嶽親方は解任決議に賛成したかのように書かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る