河田と雄平が明かす ヤクルト“3時間ミーティング”の中身

公開日: 更新日:

 地獄のキャンプはもう始まっている。

 ヤクルトの全体ミーティング開始は15時で、終わったのは18時。17時からは衣笠社長が1時間にわたって球団の方針について述べた。出てきた選手は口々に「長い……」と疲れ顔。バレンティンは苦笑いで会場を後にした。

 昨季はケガ人続出に泣かされたが、この日さっそく西田明央が右足負傷で離脱。それでも小川監督は「ケガを意識しすぎて練習しないというのが一番良くない。レベルを上げるためには練習が必要。敏感にならずにやりたい」とスパルタを明言した。

 それにしても監督は、2時間もの会議でいったい何を語っていたのか。今オフから加入した河田雄祐外野守備走塁コーチはこう話した。

「要は、野手はとにかく足を使っていこうと。ガムシャラに執念を持つこと。それ以外はほぼサインミーティング。バントシフト、守備と攻撃のサインの箇所や出し方について、今日一日でやってしまおうとなって、あれだけ長くなった。あとは(石井)琢朗(打撃コーチ)がこういうバッティングをしていこうと話して、オレは攻撃のサインの話をした。外野守備のサインまでいくと、さらに長くなるからやめたけど、それでもあの時間だよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る