• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

河田と雄平が明かす ヤクルト“3時間ミーティング”の中身

 地獄のキャンプはもう始まっている。

 ヤクルトの全体ミーティング開始は15時で、終わったのは18時。17時からは衣笠社長が1時間にわたって球団の方針について述べた。出てきた選手は口々に「長い……」と疲れ顔。バレンティンは苦笑いで会場を後にした。

 昨季はケガ人続出に泣かされたが、この日さっそく西田明央が右足負傷で離脱。それでも小川監督は「ケガを意識しすぎて練習しないというのが一番良くない。レベルを上げるためには練習が必要。敏感にならずにやりたい」とスパルタを明言した。

 それにしても監督は、2時間もの会議でいったい何を語っていたのか。今オフから加入した河田雄祐外野守備走塁コーチはこう話した。

「要は、野手はとにかく足を使っていこうと。ガムシャラに執念を持つこと。それ以外はほぼサインミーティング。バントシフト、守備と攻撃のサインの箇所や出し方について、今日一日でやってしまおうとなって、あれだけ長くなった。あとは(石井)琢朗(打撃コーチ)がこういうバッティングをしていこうと話して、オレは攻撃のサインの話をした。外野守備のサインまでいくと、さらに長くなるからやめたけど、それでもあの時間だよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る