ヤクルト復帰 メジャー7球団“渡り鳥”青木宣親の適応力

公開日: 更新日:

 7年ぶりの古巣となる。

 青木宣親(36)のヤクルト復帰が決まった。契約は3年総額10億円。沖縄で行われる春季キャンプには2月上旬に合流する予定だという。

 マリナーズからアストロズに移籍した昨季は、71試合に出場。7月末のトレード期限最終日にブルージェイズに放出されると、今度はわずか出場12試合で戦力外となる。

 9月にメッツと契約するも、オフに自由契約。大リーグでのプレーを希望していたが、近年まれに見るFA市場の停滞で、国内復帰を決断した。

 昨季だけで3球団。メジャー6年間で計7球団に所属した。しかも、ナ・リーグとア・リーグを行ったり来たり。

 それでも、打率はコンスタントに2割8分前後をキープしてはいたものの、8年間で通算打率.329を記録したヤクルト全盛期から6年が経過しているのも事実である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る