早朝練もOK 日ハム清宮“心と体のリズム”はもうメジャー級

公開日:

「朝は強いですし、夜も強いです」

 日本ハムの清宮(18=早実)はこう言っている。自主トレから滞在している米アリゾナでは早朝6時起きも珍しくないが、「だいぶグッスリ眠れるようになってきた」と、時差ボケを吹き飛ばしながら練習に励んでいる。

 そんな清宮が将来的な目標に掲げるメジャーは、自主トレ、キャンプともに朝が早い。去る2日には日本ハムがキャンプのために間借りしているダイヤモンドバックスの施設内で、清宮が「会ってみたい」と話す名一塁手のポール・ゴールドシュミット(30=2013年の本塁打王と打点王)が朝8時ごろから、すでに自主トレを行っていた。

 全体練習が始まるのは午前9時ごろでも、さらっとウオーミングアップを済ませたら、すぐにガンガン、投げたり打ったりする。そのため選手の多くは全体練習が始まる前に個人練習をやるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る