通訳なしで堂々 清宮の英語力にサイ・ヤング賞右腕も仰天

公開日:

「清宮? 本当に英語が上手だね。僕は全部、話を聞きとることができたよ」

 清宮幸太郎(18=早実)についてこう話すのは、新助っ人右腕のニック・マルティネス(27=前レンジャーズ)だ。

 マルティネスが驚いたのは、清宮が自ら挨拶をしてきたどころか、通訳を介さず2人でコミュニケーションを取れたことだった。

「僕は背番号21のことを『スーパースター』と呼んでいる。『ハロー』と挨拶したのに始まり、彼は僕に『プロ入りはいつからですか? 高卒からですか、大卒からですか?』と質問してきた。特にそこで突っ込んだ話はしなかったけれどね。彼は大学進学も考えていたって? 彼の悩みがどんなものだったかまではわからないけど、アメリカでも高卒でプロに入る選手は少なくないし、彼ならやれるはず。何より僕は彼の姿勢を素晴らしいと思う。彼は僕以外の外国人選手にも声をかけたり、打ち解けようとしている。僕自身も、彼と同じように新しいチームメートとしっかりコミュニケーションを取りたいと思えたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る