• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

通訳なしで堂々 清宮の英語力にサイ・ヤング賞右腕も仰天

「清宮? 本当に英語が上手だね。僕は全部、話を聞きとることができたよ」

 清宮幸太郎(18=早実)についてこう話すのは、新助っ人右腕のニック・マルティネス(27=前レンジャーズ)だ。

 マルティネスが驚いたのは、清宮が自ら挨拶をしてきたどころか、通訳を介さず2人でコミュニケーションを取れたことだった。

「僕は背番号21のことを『スーパースター』と呼んでいる。『ハロー』と挨拶したのに始まり、彼は僕に『プロ入りはいつからですか? 高卒からですか、大卒からですか?』と質問してきた。特にそこで突っ込んだ話はしなかったけれどね。彼は大学進学も考えていたって? 彼の悩みがどんなものだったかまではわからないけど、アメリカでも高卒でプロに入る選手は少なくないし、彼ならやれるはず。何より僕は彼の姿勢を素晴らしいと思う。彼は僕以外の外国人選手にも声をかけたり、打ち解けようとしている。僕自身も、彼と同じように新しいチームメートとしっかりコミュニケーションを取りたいと思えたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る