通訳なしで堂々 清宮の英語力にサイ・ヤング賞右腕も仰天

公開日: 更新日:

「清宮? 本当に英語が上手だね。僕は全部、話を聞きとることができたよ」

 清宮幸太郎(18=早実)についてこう話すのは、新助っ人右腕のニック・マルティネス(27=前レンジャーズ)だ。

 マルティネスが驚いたのは、清宮が自ら挨拶をしてきたどころか、通訳を介さず2人でコミュニケーションを取れたことだった。

「僕は背番号21のことを『スーパースター』と呼んでいる。『ハロー』と挨拶したのに始まり、彼は僕に『プロ入りはいつからですか? 高卒からですか、大卒からですか?』と質問してきた。特にそこで突っ込んだ話はしなかったけれどね。彼は大学進学も考えていたって? 彼の悩みがどんなものだったかまではわからないけど、アメリカでも高卒でプロに入る選手は少なくないし、彼ならやれるはず。何より僕は彼の姿勢を素晴らしいと思う。彼は僕以外の外国人選手にも声をかけたり、打ち解けようとしている。僕自身も、彼と同じように新しいチームメートとしっかりコミュニケーションを取りたいと思えたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る