コーチが語る課題と可能性 清宮の「基本以前」の守備走塁

公開日:

「そこは一塁だろ」

 日本ハムのアリゾナキャンプ3日目(日本時間4日)。清宮(18=早実)がプロ初の実戦形式となるケース打撃で、一塁を守っていたときのことだ。

 バントが一塁線へ。反応しきれず、思い切ったチャージをかけられずにいると、本塁と一塁の中間付近まで追いかけて捕球した鶴岡に注意された。

 金子内野守備走塁コーチからは、1打席ごとに声をかけられる。

「もっと前だ」

「バントは前に出ろ。バスターは止まれ」

「走者が走ったら声を出せ」

 新人合同自主トレ中に右手親指を故障。アリゾナ自主トレ初日の打撃練習中に、患部に再び痛みが生じた。首脳陣の意向でキャンプ初日から別メニュー調整でバットを握らない日々が続き、打撃練習の時間帯には個別で守備や走塁の特訓を受けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る