右手親指負傷の日ハム清宮 複数ポジション挑戦案どうなる

公開日:

 19日に行われた日本ハムの新人合同自主トレに緊迫ムードが漂った。ドラフト1位の清宮幸太郎(18=早実)がアップを終えるや練習を中断。午後に都内病院に向かい、MRI検査の結果、右手母指基節骨骨挫傷と診断されたのだ。約1週間は打撃練習などを制限し、26日に再度検査をすることになった。

 練習を視察に訪れた栗山監督が新人選手たちに訓示をした直後だった。清宮と栗山監督が白水トレーナーを交えて3者会談。その後、練習をやめてロッカールームに引き揚げた。清宮は「大事を取ってという感じ。大したことはないです。慣れない環境も影響? そうですね。環境は多少あるかもしれない」と軽傷を強調、病院から帰宿した際はテーピングもアイシングもしていなかった。

 白水トレーナーは前夜に清宮本人から親指の付け根に張りがあるという報告を受けていたという。前日のウエートトレーニング中に痛めたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る