右手親指負傷の日ハム清宮 複数ポジション挑戦案どうなる

公開日: 更新日:

 19日に行われた日本ハムの新人合同自主トレに緊迫ムードが漂った。ドラフト1位の清宮幸太郎(18=早実)がアップを終えるや練習を中断。午後に都内病院に向かい、MRI検査の結果、右手母指基節骨骨挫傷と診断されたのだ。約1週間は打撃練習などを制限し、26日に再度検査をすることになった。

 練習を視察に訪れた栗山監督が新人選手たちに訓示をした直後だった。清宮と栗山監督が白水トレーナーを交えて3者会談。その後、練習をやめてロッカールームに引き揚げた。清宮は「大事を取ってという感じ。大したことはないです。慣れない環境も影響? そうですね。環境は多少あるかもしれない」と軽傷を強調、病院から帰宿した際はテーピングもアイシングもしていなかった。

 白水トレーナーは前夜に清宮本人から親指の付け根に張りがあるという報告を受けていたという。前日のウエートトレーニング中に痛めたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  7. 7

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

  8. 8

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  9. 9

    ペスト大流行を生んだ巨大モンゴル帝国 盛衰のカギは銀だった

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る