阪神鳥谷の二塁守備練習はコンバート大山の“保険”なのか

公開日:

 それで打撃を崩すこともある。

 フリー打撃でサク越えを連発している大山。今季は新加入のロサリオが一塁で起用されるため、二塁で定位置を争うことになる。1年目の昨季は、75試合、7本塁打、38打点。金本監督は4番も打たせたほど打撃を買っているのだが、不慣れな二塁守備が仇にならないか。

 本職は三塁。二塁は秋季キャンプでも練習していたとはいえ、併殺や二塁ベース寄りの打球処理はまだまだ「プロの技」には至っていない。二塁は複雑なサインプレーや牽制、中継などもあって、一塁や三塁に比べて負担が大きい。ここ一番のミスが打撃に悪影響を及ぼすケースもある。

 三塁のレギュラーが決まっている鳥谷がこの日、投内連係やシートノックで二塁についたのは、「二塁・大山」が使えない時の“保険”かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る