元球団社長が追悼 阪神Vを呼んだ星野仙一氏の口説き文句

公開日:

 楽天の星野仙一球団副会長が、4日に亡くなった。70歳だった。死因は膵臓がん。中日のエースとして通算146勝121敗、34セーブ。引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。指揮官としては日本一1回、リーグ優勝4回だった。03年に阪神を18年ぶりのリーグ優勝に導いた当時、球団社長として支えた野﨑勝義氏(75)が、星野監督との思い出をつづった。

 ◇  ◇  ◇

 02年オフ、星野監督と大阪市内のホテルに足を運んだ。就任1年目のこの年は4位。優勝するために27人もの選手を入れ替えると同時に補強が必要なのは明らかで、そのための資金を久万オーナーに捻出してもらう必要があったからだ。

 候補はペタジーニ、中村紀洋、金本知憲の計3人。いずれも大物。それなりの資金が必要で、久万オーナーを説得しなければならなかった。電鉄本社でなく、ホテルを利用したのはマスコミのマークを避けるため。2人で計4、5回は久万オーナーと会ったと記憶している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る