打撃回避の清宮 日ハム首脳陣が計る“二軍落ち”タイミング

公開日: 更新日:

「清宮の場合は(一軍の)名護でも(二軍の)国頭でも場所は関係ないと思っています」

 こう話すのは日本ハムの木田GM補佐。今月中旬から沖縄で行われる2次キャンプで、清宮(18=早実)をどう育てるかに関してだ。

 清宮は現在、打撃練習を一切行わず、守備や走塁に関するイロハのイを学んでいる段階。首脳陣には「バットに触るな、振るな」と指示され、プロとしてやるべき基礎強化に取り組んでいる。日本ハムOBがこう言った。

「清宮を一軍キャンプに帯同させたのは、本人のモチベーションはもちろん、基本的なことを身につけてもらうため。現在の2クール目まではそういう時間に充てられると聞いています。一軍で一緒に戦う選手たちとコミュニケーションを取る目的もあるようです」

 清宮は送球に改善の兆しが見えているとはいえ、首脳陣は「捕球に関しては時間がかかる」とみている。一軍の沖縄キャンプは実戦中心。清宮にマンツーマンで基本をたたき込むだけの時間や人手もなくなる。なにより清宮は打撃練習をするどころか、バットすら握っていないのだ。沖縄の2次キャンプからは二軍でじっくり鍛えるのが当然と思ったら、木田GM補佐は必ずしもそうはみていないようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る