打撃回避の清宮 日ハム首脳陣が計る“二軍落ち”タイミング

公開日:

「清宮の場合は(一軍の)名護でも(二軍の)国頭でも場所は関係ないと思っています」

 こう話すのは日本ハムの木田GM補佐。今月中旬から沖縄で行われる2次キャンプで、清宮(18=早実)をどう育てるかに関してだ。

 清宮は現在、打撃練習を一切行わず、守備や走塁に関するイロハのイを学んでいる段階。首脳陣には「バットに触るな、振るな」と指示され、プロとしてやるべき基礎強化に取り組んでいる。日本ハムOBがこう言った。

「清宮を一軍キャンプに帯同させたのは、本人のモチベーションはもちろん、基本的なことを身につけてもらうため。現在の2クール目まではそういう時間に充てられると聞いています。一軍で一緒に戦う選手たちとコミュニケーションを取る目的もあるようです」

 清宮は送球に改善の兆しが見えているとはいえ、首脳陣は「捕球に関しては時間がかかる」とみている。一軍の沖縄キャンプは実戦中心。清宮にマンツーマンで基本をたたき込むだけの時間や人手もなくなる。なにより清宮は打撃練習をするどころか、バットすら握っていないのだ。沖縄の2次キャンプからは二軍でじっくり鍛えるのが当然と思ったら、木田GM補佐は必ずしもそうはみていないようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る