打撃回避の清宮 日ハム首脳陣が計る“二軍落ち”タイミング

公開日:

「清宮の場合は(一軍の)名護でも(二軍の)国頭でも場所は関係ないと思っています」

 こう話すのは日本ハムの木田GM補佐。今月中旬から沖縄で行われる2次キャンプで、清宮(18=早実)をどう育てるかに関してだ。

 清宮は現在、打撃練習を一切行わず、守備や走塁に関するイロハのイを学んでいる段階。首脳陣には「バットに触るな、振るな」と指示され、プロとしてやるべき基礎強化に取り組んでいる。日本ハムOBがこう言った。

「清宮を一軍キャンプに帯同させたのは、本人のモチベーションはもちろん、基本的なことを身につけてもらうため。現在の2クール目まではそういう時間に充てられると聞いています。一軍で一緒に戦う選手たちとコミュニケーションを取る目的もあるようです」

 清宮は送球に改善の兆しが見えているとはいえ、首脳陣は「捕球に関しては時間がかかる」とみている。一軍の沖縄キャンプは実戦中心。清宮にマンツーマンで基本をたたき込むだけの時間や人手もなくなる。なにより清宮は打撃練習をするどころか、バットすら握っていないのだ。沖縄の2次キャンプからは二軍でじっくり鍛えるのが当然と思ったら、木田GM補佐は必ずしもそうはみていないようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る