肺炎を克服 “可愛すぎるスケーター”ボッコは大の日本好き

公開日:

 欧州では「キュートすぎるスケーター」として男性ファンの視線をクギ付けにしている。

 今季はW杯モスクワ大会の団体追い抜きで銀メダル獲得に貢献。3大会連続出場となる平昌では500メートル、1000メートルにエントリーした。

 シーズンオフは、釣りやハイキングなどのアウトドアに興じるなど、リンクを離れてもアクティブだが、過去には重度の肺炎を患って練習もままならなかったこともある。

 バンクーバー五輪を翌年に控えた09年、「クラミジア肺炎」を発症。微熱や咳(せき)、呼吸困難などの症状が出る。抗生物質を服用すれば、通常は2週間程度で症状は治まる。ボッコは一時的に体調が回復しても、翌日には再発するを繰り返し、完治まで1カ月近く要したという。

 ボッコは当時のことを「肺炎を克服したことで精神的にタフになれた」と振り返っている。

 14年の世界スプリント選手権で初来日して以来、日本びいきで、大好物は寿司だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る