肺炎を克服 “可愛すぎるスケーター”ボッコは大の日本好き

公開日:

 欧州では「キュートすぎるスケーター」として男性ファンの視線をクギ付けにしている。

 今季はW杯モスクワ大会の団体追い抜きで銀メダル獲得に貢献。3大会連続出場となる平昌では500メートル、1000メートルにエントリーした。

 シーズンオフは、釣りやハイキングなどのアウトドアに興じるなど、リンクを離れてもアクティブだが、過去には重度の肺炎を患って練習もままならなかったこともある。

 バンクーバー五輪を翌年に控えた09年、「クラミジア肺炎」を発症。微熱や咳(せき)、呼吸困難などの症状が出る。抗生物質を服用すれば、通常は2週間程度で症状は治まる。ボッコは一時的に体調が回復しても、翌日には再発するを繰り返し、完治まで1カ月近く要したという。

 ボッコは当時のことを「肺炎を克服したことで精神的にタフになれた」と振り返っている。

 14年の世界スプリント選手権で初来日して以来、日本びいきで、大好物は寿司だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る