稀代の大横綱千代の富士 なぜ理事長になれなかったのか?

公開日:  更新日:

 幕内優勝回数31回(歴代3位)、幕内通算807勝(同3位)、53連勝(同3位)――。

 先月31日に亡くなった千代の富士(享年61)は、相撲史に燦然と輝く成績を残した。「ウルフ」の愛称で親しまれ、89年には相撲界で初となる国民栄誉賞を受賞。実績はもちろん、人気、知名度も群を抜く、角界のスーパースターだった。

 これだけの成績を残しながら、しかし、協会ではナンバー2の事業部長止まり。本人が望んだ理事長はおろか、選挙のたびに理事になるのも四苦八苦だった。相撲評論家の中澤潔氏は「他の親方衆から反感、やっかみを買っていたのではないか」と、こう話す。

「角界初の国民栄誉賞といっても、多くの親方は『千代の富士の前に大鵬さんがもらうべきじゃないか』と思っていたでしょう。事実、大鵬が国民栄誉賞を受賞したのは亡くなった後ですからね。箔付けが早すぎたということです。少数派閥の高砂一門であることも不利に働いた。今の角界は最大派閥の出羽海一門の意向を無視して理事長にはなれない。その出羽海一門には、2歳上で理事長に6度選出された故・北の湖(元理事長)がいましたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る