協会副会長を退任 岡田武史氏“今治優先”で聞こえる陰口

公開日: 更新日:

 日本サッカー協会副会長の岡田武史・元日本代表監督(61)が29日、オーナーを務める日本フットボールリーグ所属のFC今治の新体制発表会の後、噂になっていた「副会長を辞める」ことについて言及。「(サッカー協会の)田嶋会長(60)には辞めると伝えた」と、2年の任期が満了する3月で退くことを正式に明らかにした。

「田嶋会長体制になった2016年3月に副会長に就任したが、当初から『FC今治の仕事が最優先』と公言。副会長の仕事よりもFC今治の経営基盤の確立のためにスポンサー探しに奔走したり、J3昇格の絶対条件となる5000人程度収容の天然芝のホームスタジアム建設のために愛媛県、今治市との折衝を繰り返したり、とにかくFC今治のために多忙を極めた。そんなに親しい関係でもなかった田嶋会長とは腹を割った話をする機会もほぼないまま、都内本郷三丁目のサッカー協会のビルとおさらばすることになった」(サッカー関係者)

 クラブ経営4季目の岡田副会長は「スタートアップした企業の9割は5年以内に倒産する。今年は勝負の年」と危機感を募らせるが、サッカー協会内には「副会長職はスポンサー集め、行政向けに“箔をつけるため”だったのか?」という声も少なくない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る