新天地は独2部チーム 原口元気の“チョイス”に疑問の声

公開日: 更新日:

 ドイツ・ブンデスリーガ1部ヘルタ・ベルリンで冷や飯を食わされている日本代表FW原口元気(26)の同2部デュッセルドルフ移籍が23日、発表された。

 14年5月にドイツに渡った原口は昨夏、ヘルタからの契約延長のオファーを断っている。「憧れの英プレミアリーグ移籍の話が進んでいた」(サッカー関係者)からだ。

 しかし、英プレミア行きは頓挫。原口不在を前提にチームづくりを進めていたダルダイ監督の不興を買い、ほとんど飼い殺し状態。実際、今季の原口は公式戦27試合中11試合(先発3試合)出場にとどまり、冬季中断期が明けてスタートした後半戦2試合はベンチ外となり、ここ10試合のプレー時間は、わずか「計19分」に過ぎない。

「原口は冬季中断期に監督から『もうトップチームには来なくていい。23歳以下のチームで練習しなさい』と命じられている」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る