2戦連発以上の収穫 阪神首脳陣がロサリオの選球眼に安堵

公開日:

 メジャー通算71発のパワーはダテではない。

 12日に行われた阪神の紅白戦で、新助っ人のロサリオ(28)が「4番DH」で出場。1打席目に秋山の失投を見逃さず、ライナー性の打球を左中間スタンドに叩き込んだ。前日11日のDeNAとの練習試合でもホームランを打っており、これで“2戦連発”だ。

 しかし、それより何より、阪神の首脳陣が安堵したのは2打席目の四球ではないか。ロサリオはフルカウントまで粘って、外角高めの際どい直球を悠然と見逃し。「さも当然」と言わんばかりに、四球を選んだ。

 ここ数年、大砲不在にあえいでいた阪神にとって、ロサリオは待望のパワーヒッター。その一方で、来日前から「変化球が苦手」という弱点がささやかれていた。この日の一発もそうだが、DeNAとの練習試合でも打ったのは直球だった。変化球への対応はまだ未知数なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る