サク越え20発も 巨人ゲレーロの大問題を古巣ナイン明かす

公開日: 更新日:

 巨人の新外国人、アレックス・ゲレーロ(31)が8日、昨季本塁打王のパワーを見せた。

 宮崎春季キャンプ第2クール3日目。初めて屋外でランチ特打に臨み、62スイングで20本のサク越えを放った。

 左翼席へポンポンと打球が吸い込まれるたびに観客はどよめき、弾丸ライナーがバックスクリーンに跳ねると球団関係者も口をあんぐり。ご機嫌の本人は、

「今日は外で打撃をするには、いい気候だった。20発? それだけだった? もうちょっといける。打球が広角に飛ぶ? 球場を広く使うのが野球だからね。ボクは子供の頃から飛ばすタイプ。キンデランに憧れてマネしていたんだ」

 と、母国キューバの元主砲の名前を挙げて、口も滑らかだった。

 敵も味方もビックリである。高橋由伸監督が「結構飛んでたね」と目を細めれば、吉村打撃総合コーチも「バットを面で使えるから、バットとボールの持ちがいい」と手放しだった。キャンプ初日から視察しているゲレーロの古巣、中日の前田スコアラーは「順調ですね。1打点でも少なく抑えられるようにしないといけません」と警戒を強めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る