サク越え20発も 巨人ゲレーロの大問題を古巣ナイン明かす

公開日: 更新日:

 巨人の新外国人、アレックス・ゲレーロ(31)が8日、昨季本塁打王のパワーを見せた。

 宮崎春季キャンプ第2クール3日目。初めて屋外でランチ特打に臨み、62スイングで20本のサク越えを放った。

 左翼席へポンポンと打球が吸い込まれるたびに観客はどよめき、弾丸ライナーがバックスクリーンに跳ねると球団関係者も口をあんぐり。ご機嫌の本人は、

「今日は外で打撃をするには、いい気候だった。20発? それだけだった? もうちょっといける。打球が広角に飛ぶ? 球場を広く使うのが野球だからね。ボクは子供の頃から飛ばすタイプ。キンデランに憧れてマネしていたんだ」

 と、母国キューバの元主砲の名前を挙げて、口も滑らかだった。

 敵も味方もビックリである。高橋由伸監督が「結構飛んでたね」と目を細めれば、吉村打撃総合コーチも「バットを面で使えるから、バットとボールの持ちがいい」と手放しだった。キャンプ初日から視察しているゲレーロの古巣、中日の前田スコアラーは「順調ですね。1打点でも少なく抑えられるようにしないといけません」と警戒を強めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る