エンゼルス監督も大谷を絶賛 米国人“ベタ褒め”の信用度

公開日:  更新日:

「すごくいいセッションだった。見ていて、いい感じだったよ。これから何をすべきか知っているし、これからが楽しみです」

 この日(日本時間16日)の練習前、エンゼルスのソーシア監督は前日に行われた大谷翔平のフリー打撃を絶賛した。

 逆方向へもサク越えを放ったことについても、「(大谷の)ビデオは何時間も見ていたけど、実際に見ることができて良かった。投手は投げにくくなるだろう」。

 前日に日本ハムの栗山監督が見学に訪れたことにも触れ、「将来は一緒にスプリングトレーニングができればいい。日本ハムと一緒に練習すれば、得られることが多いと思うからね」と“リップサービス”した。

 この日取材に応じたエプラーGMは、キャンプ期間中、大谷に何を求めるかと聞かれ、「彼のやりやすいようにできることが大事だ」とコメント。代理人サイドとも調整しながら、あらためて大谷の二刀流実現に向けて最大限配慮する方針を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る