エンゼルス監督も大谷を絶賛 米国人“ベタ褒め”の信用度

公開日:  更新日:

「すごくいいセッションだった。見ていて、いい感じだったよ。これから何をすべきか知っているし、これからが楽しみです」

 この日(日本時間16日)の練習前、エンゼルスのソーシア監督は前日に行われた大谷翔平のフリー打撃を絶賛した。

 逆方向へもサク越えを放ったことについても、「(大谷の)ビデオは何時間も見ていたけど、実際に見ることができて良かった。投手は投げにくくなるだろう」。

 前日に日本ハムの栗山監督が見学に訪れたことにも触れ、「将来は一緒にスプリングトレーニングができればいい。日本ハムと一緒に練習すれば、得られることが多いと思うからね」と“リップサービス”した。

 この日取材に応じたエプラーGMは、キャンプ期間中、大谷に何を求めるかと聞かれ、「彼のやりやすいようにできることが大事だ」とコメント。代理人サイドとも調整しながら、あらためて大谷の二刀流実現に向けて最大限配慮する方針を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る