• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アリゾナでどう指導? 日ハム栗山監督に聞いた清宮の現在

 日本時間14日の清宮幸太郎(18=早実)は、韓国LGとの練習試合に初の代走で出場。午前中にはカブス入りが決まったOBのダルビッシュがキャンプ地に来るひと幕も。清宮はダルと挨拶を交わし、初対面が実現した。そんななか、栗山英樹監督(56)に清宮の現状と今後を直撃した。

 ◇  ◇  ◇

「清宮幸太郎をアリゾナに連れてきてよかったと思いますか?」

 日刊ゲンダイの質問に栗山英樹監督(56)はこう答えた。

「プロ野球って、長い期間の中で、多くの選手は得意なものしかやらないじゃない? やっぱり打つ方を生かすためにも、守備がものすごくうまくなる必要はないけど、打撃にもいい影響を与えたりとか。チームに影響を与えないところまでレベルを上げたいよね。打つことをやっていたら、なかなか基本のことはできない。それはそれでプラスだと思うのよ。一軍がどういう動きをするかとか、そういうことも含めてすごく勉強になったと思ってる。幸太郎に限らず、どの選手も我慢しきらなきゃいけないというのがあるから。そういう意味では、すごく良い時間になったと信じているんだけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る