まずは先発 エンゼルス“投手優先”調整は大谷にも好都合

公開日:

 大谷翔平(23)は今、投手優先で調整を進めている。打撃練習も並行して行っているが、ソーシア監督は「準備する上での優先事項は投手」とこう話す。

「打者としてはDHで考えている。代打、代走としても必要なら活用する。打撃練習もしているが、大谷がここにいるのは投手として。打者は多くの調整は必要ないが、投手の準備は打者よりも長い期間が必要」

 エプラーGMも二刀流の起用法について、「時間がたつにつれ、打席の確保はしていける。投手優先のスケジュールを組んでいて、そのあと打者として継続できるかを考えている」と言う。

■長距離打者が充実の一方で……

 エンゼルスの今季のチーム編成を見れば「投手第一」の理由も納得だ。野手にはトラウト(26)、プホルス(38)、アップトン(30)ら長距離打者がそろううえ、オフには昨季24本塁打のコザート(32=レッズからFA)、22本塁打のキンズラー(35=タイガースからトレード)を獲得。何が何でも「打者大谷」を必要としているチーム状況ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る