日ハム清宮はガニ股なおせる? “矯正の先輩”大田に聞く

公開日: 更新日:

 米アリゾナの清宮幸太郎(18=早実)が「ガニ股」の矯正に取り組んでいる。力のロスを防いで、走力や走塁の向上につなげるためだ。同じ高卒のドラフト1位で、ガニ股の矯正に取り組んだのが大田泰示(27)。巨人からトレードで日本ハムに移籍し、昨季は15本塁打を放った大田に、ガニ股との向き合い方や清宮について聞いた。

 ――新人年からガニ股の矯正に取り組んだ。

「ガニ股を直すというより、自分で常につま先を真っすぐにして、真っすぐ歩くと意識している感じです。僕はO脚やX脚というより、わりと足は真っすぐだと思います」

 ――ガニ股だと、どんな問題が起こるのですか?

「体の外側に体重がかかる分、走っていても地面に力が伝わらなかったりベーランで外に膨らんだり。打撃で言えば、打者は投手に対して横で構えるわけですが、本来なら投手方向に力を伝えないといけないのに、ガニ股だと力の向きの角度が斜めにずれてスイングの力が逃げるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る