プロの自覚に注文も 清宮の“正体”を日ハムの先輩が明かす

公開日:

 清宮(18=早実)のアリゾナキャンプも、折り返し地点を過ぎた。第2クール最終日のこの日(日本時間9日)は、自主練習時間がなく、昼すぎに終了。清宮は初めてシャトルランに取り組み、「しんどかった。足、腰、ケツにきました」と苦笑いだった。新人では唯一の一軍帯同。先輩しかいない中でキャンプを送る清宮に、選手たちはどんな印象を抱いているのか。

「友達のようなものですね」

 こう言うのは、横尾俊建(24=3年目)。清宮とはチーム内で最も親しい間柄らしく、ともに打撃の動画を見ながら野球談議に花を咲かせることもあるという。

「清宮は(東京都内の)同じジムに通っていて、中学2年のときから知っている。チームメートになるのもすごい縁というか。キャンプ中は僕からお願いしてバットを借りて、打たせてもらったり。僕のバットより硬い感じで、いい感じで振れています。野球の話もたまにしますけど、たわいもない話が多いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る