緒方Cも太鼓判 日ハム清宮の体力は早実育ちでも不安なし

公開日:

 プロ野球選手にとって、最も重要なのは体力だという。一軍で通用するだけの技術が必要なのは当然として、シーズンを通してコンスタントに力を発揮するだけの体力がなければ、レギュラーを取ることもかなわない。

 まして日本ハムの清宮幸太郎(18)は早稲田実業出身。数ある野球強豪校のように、朝から晩まで練習漬けということはなく、体力不足が疑われて当然。

 栗山監督には清宮を開幕から一軍で起用するプランもあるらしいが、技術以前に体力面でつまずくことはないか。

「それが心配する必要はなさそうですよ」と、あるOBがこう話す。

「アリゾナキャンプ中も含めて体力に不安があるようなら、必ずフロントや首脳陣のスタッフ会議で問題視されますが、現時点でそういった声は聞きません。清宮に関してはすでに体が出来上がっており(184センチ、100キロ)、体幹もしっかりと鍛えられているといいます。こういうタイプは多少、体力面の不安があっても、一軍に帯同していくうちに自然と体力やスタミナがついてくるケースが多い。線が細く、二軍で体力をつけてからという選手とは訳が違うと首脳陣はみているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る