緒方Cも太鼓判 日ハム清宮の体力は早実育ちでも不安なし

公開日:

 プロ野球選手にとって、最も重要なのは体力だという。一軍で通用するだけの技術が必要なのは当然として、シーズンを通してコンスタントに力を発揮するだけの体力がなければ、レギュラーを取ることもかなわない。

 まして日本ハムの清宮幸太郎(18)は早稲田実業出身。数ある野球強豪校のように、朝から晩まで練習漬けということはなく、体力不足が疑われて当然。

 栗山監督には清宮を開幕から一軍で起用するプランもあるらしいが、技術以前に体力面でつまずくことはないか。

「それが心配する必要はなさそうですよ」と、あるOBがこう話す。

「アリゾナキャンプ中も含めて体力に不安があるようなら、必ずフロントや首脳陣のスタッフ会議で問題視されますが、現時点でそういった声は聞きません。清宮に関してはすでに体が出来上がっており(184センチ、100キロ)、体幹もしっかりと鍛えられているといいます。こういうタイプは多少、体力面の不安があっても、一軍に帯同していくうちに自然と体力やスタミナがついてくるケースが多い。線が細く、二軍で体力をつけてからという選手とは訳が違うと首脳陣はみているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る