多い練習量と心身の負担…大谷のパンクを米メディア危惧

公開日:

「オオタニは帰るのが遅い。投手と野手、両方練習しているのだから大変だろうけど、頑張ってほしいね」

 エンゼルスのある職員がこう言った。

 例えば野手が合流して全体練習がスタートした19日(日本時間20日)のこと。大谷翔平(23)が球場を後にしたのは、すでに選手の大半がいなくなった午後4時15分だった。

 この日、まずは「投手大谷」として守備練習を行うと、ブルペンで20球の投げ込み。コンディショニングが終わると、次は「野手大谷」にシフトチェンジ。ティー打撃をした後、トラウトらと同組でフリー打撃30球を打ち込むと、それからマシン打撃、バント練習をやってようやく練習が終了。その後、ウエートトレーニングや体のケアを行った。

 投手と野手、二足のわらじを履くがゆえに、他の選手の「2倍」の練習が必要。どうしたって練習時間は長くなる。投手として守備練習をしているため、野手の守備練習は行わないことを差し引いても練習量は多い。大谷が打撃練習をしている間に、投手は次々にクラブハウスへ引き揚げ、筋トレや体の手入れをするが、大谷は野手練習があるから、すべてのメニューを終えてからになる。メジャーのキャンプは練習時間が短いが、大谷だけは例外なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る