大谷の“お客様扱い”いつまで…ソーシア監督が抱える事情

公開日:

「得点圏に走者がいたので、積極的に行きたいと思っていた。結果が出て良かった」

 エンゼルスの大谷翔平(23)が26日(日本時間27日)に行われたパドレス戦(ピオリア)にメジャー移籍後初めて、打者として2番DHでスタメン出場。日本ハム時代のキャンプ地で結果を残し、こう言った。

 4点ビハインドの五回1死二塁で迎えた第3打席の初球だった。右腕・マリオットの真ん中気味に入った93マイル(約150キロ)のストレートをコンパクトに振り抜くと、打球は中前に。二塁走者が生還し、初安打初打点をマークした。

 前の2打席はともにじっくりボールを見極めて四球を選んだ。初めて野手として出場したこの試合、外国人投手特有の投球リズムに対応するべく、打席の中でタイミングを取ることを重視。日米のストライクゾーンの違いも確認した。3打席で退いた大谷は、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る