• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷の“お客様扱い”いつまで…ソーシア監督が抱える事情

「得点圏に走者がいたので、積極的に行きたいと思っていた。結果が出て良かった」

 エンゼルスの大谷翔平(23)が26日(日本時間27日)に行われたパドレス戦(ピオリア)にメジャー移籍後初めて、打者として2番DHでスタメン出場。日本ハム時代のキャンプ地で結果を残し、こう言った。

 4点ビハインドの五回1死二塁で迎えた第3打席の初球だった。右腕・マリオットの真ん中気味に入った93マイル(約150キロ)のストレートをコンパクトに振り抜くと、打球は中前に。二塁走者が生還し、初安打初打点をマークした。

 前の2打席はともにじっくりボールを見極めて四球を選んだ。初めて野手として出場したこの試合、外国人投手特有の投球リズムに対応するべく、打席の中でタイミングを取ることを重視。日米のストライクゾーンの違いも確認した。3打席で退いた大谷は、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る